てんかんにはテグレトールを服用する

テグレトールは局在関連てんかんで最も一般的に使用されている治療薬です。てんかん発作の治療は、長期間薬を服用することが必要となりますが、テグレトールは治療薬として使用されて40年以上の歴史があり、比較的安心して長期服用がかのうなお薬です。現在では、ネット通販にも対応しており、輸入を代行するという形でネットでも容易に入手可能なお薬です。

しかし、てんかん発作の治療は基本的に医師の指導のもとに行われる必要があります。特にテグレトールの場合、服用を始めた初期の血中濃度が投与量に比較して高めになってしまうため、少量から投与を始めて徐々に増やしていくなど経過を観察しながら適正な投与量を決める必要があります。さらに、半減期の個人差が大きく投与の回数など服用の方法が安定するまでは、必ず医師の指導を受けながら使用しなければいけません。

半減期とは血中の薬剤濃度がピークから半分の濃度になるまでの時間の事ですが、この半減期を迎えるまでの間薬の薬効が維持できる濃度にしておかなければ、てんかん発作が起きる可能性があるため自動車の運転中に発作が起こるなどの事態が起こらないよう血中濃度がコントロールできるように対応した服用のしかたが求められます。

また、飲み合わせには極力注意をはらう必要があります。特に、忘れがちなのはグレープフルーツとの飲み合わせで、ひどい場合には中毒症状を起こす危険があります。その他抗真菌薬ポリコナゾール、肺高血圧症治療薬タダラフィルとの併用もしてはいけません、

テグレトールはノバルティスが販売しているカルバマゼピンを主成分とする医薬品の商品名です。それに対応したジェネリック医薬品として、レキシン、カルバマゼピン「アメル」なども販売されています。

●効果が出るまで時間がかかるテグレトールはネットで購入、常備しておこう
テグレトールは抗てんかん薬
●てんかん発作を予防する薬が安く買える通販サイト
ラミトール(ラミクタールのジェネリック)